跡江公民館会場

今回は エアトラックを使用したレッスンをご紹介します。

エアトラックにゴム紐を張り、ジャンプやくぐる、走るなど様々な動きを行いました。

エアトラックを使用するとトランポリンのようにとても跳ね、ジャンプや走る際の対空時間が長くなります。 対空時間が長くなることにより体をコントロールすることが難しく、今回の様にゴム紐を貼ることによって 意識的に高く・遠く・左右 などを考え 体を上手にコントロールできるようになります。

子供達にエアトラックはとても人気の道具です。今後も様々な使い方に子供達をチャレンジさせます!

スポーツビジョントレーニング

 

IMG_1508

👆動画が観れます。

今回はビジョントレーニングを行いました。

ビジョントレーニングとは見る力のトレーニングで視覚的情報を正確に動作に換える事でスポーツでのパフォーマンスや競技力を向上させるのにとても有効と言われています。

今回は1〜50までの数字がランダムに書いてある紙で3分間、幾つまで指差しで数を数える事が出来るかチャレンジしました。

その中で①リラックスした姿勢で行う②立って集中して行う2パターンで計測を行いました。

私の予想は②の集中して行った方が数字伸びると思ったのですが、結果①の方が伸びる子と②の方が伸びた子と半半の結果が出ました。簡単に言うと集中して行動するよりリラックスしてチャレンジした方が伸びる子もいました。

面白い結果がでました。

三点倒立

青島浄化センター 幼児コースのご紹介です。

今回は三点倒立を行いました。 このクラスは年長児以外の小さな生徒も三点倒立にチャレンジし、自分の力で成功することができました。

先生に手伝ってもらい成功をするのと、自分の力で成功するのとでは 子供たちにとっては大きな達成感の差があります。 その達成感を感じるには、自分の力でできるようになる為に倒れても諦めず練習を繰り返すことも大事です。

また、この幼児期に逆さになる感覚を覚えておくことにより、鉄棒の前周りなど様々な状況において恐怖心がなくなっていきます。

できたら凄いな! かっこいいな! という少し難しい技にチャレンジさせることで 子供達も意欲的に取り組むことができていました!

動画リンク↓

IMG_0017

 

スタッフ間でのレッスンミーティング

 

  1. IMG_1436     動画が観れます。
  2. IMG_1486     動画が観れます。

弊社では、月に一度全スタッフによるレッスンミーティングを行います。

スタッフには日頃、園等で体育を指導している先生や教員免許・保育士免許を持っているスタッフが常駐しており、又色々なスポーツを経験してきたスタッフが揃っています。

色々な経験を生かし“子供達が楽しみながら、意味のある”レッスンを作りあげていきます。

その中でもテーマを決めて、話し合います。

例えば…                                                                                                  ■協調性 ■運動量量 ■ビジョン ■ゲーム性等

3チームに分かれそれぞれレッスンの内容を考え、内容説明〜実際にレッスンするまでの流れで作りあげて行きます。

色々な意見が出て、楽しく凄く意味のあるミーティングとなってます。スタッフ間で作り上げた内容を指導達が楽しんでくれる、凄く良い環境だと思います。

緑松体育館会場

 

 

 

 

 

 

 

今回は毎週 金曜日に行っている緑松体育館会場が使用できなかった為、以前 使用していた城ヶ崎センターにてレッスンを行いました。

体育教室の中で様々なバランスの練習を行いますが、今回はボードを使って少し難しいバランスを行ってみました。

ボードの端がマットに触れないように 左右のバランスを考えながら行います。バランスを取る際に意識する事は 真っ直ぐな姿勢・目線です。 どうしても体を丸めて目線が下にいってしまいがちですがこれでは長時間バランスを取ることは難しいです。どんな状況の中でもまっすぐに姿勢を保てる事が運動や日常生活(危険の回避etc…)の中で重要な部分になります。

倒れながらも子供達は一生懸命取り組む事ができていました!

リバウンドネット

 

IMG_1448  ←動画が観れます。

今回はリバウンドネットを紹介します。

リバウンドとは、“はねかえる”と言う意味があり、良くドッチボールを見ているとボールを避けてばかりで、ボールを取ると言う意識があまり無い子もいます。

今回の道具は、自分で投げたボールを自分で取ると言う「投げる」「取る」が同時に出来る、まさに一石二鳥の優れものです。

最初は大きなボールで挑戦し、子供達のレベルに合わせて、ボールを小さくして難易度を上げていきます。また投げたボールを後ろの子が取ると言う、協調性を兼ねたレッスンも出来、結構盛り上がります。

また色々なレッスンを取り入れ、少しでも球技に興味を示してくれると幸いです。

 

畳登り

前日、正課体育指導契約を行なっている保育園にて運動会が行われました。

運動会の中では 組体操や跳び箱・鉄棒などのサーキット、チームでの競走など 様々なことを行います。 その中でも 毎年恒例となっている『畳登り』は手や足の指と体全体の力を使って自分のできる限界の高さの畳を登ります。

失敗しても諦めず 沢山の声援を浴びながら無事 全員が大きな畳を登り切ることができました。

子供たちの日々の努力の成果が発揮できた 素晴らしい運動会でした!

玉入れ

FullSizeRender  

👆動画が観れます。

運動会シーズンがやってきて、毎日のように運動会の練習をしている為、幼児も小学生も若干疲れが見えます。

私も勿論、いくつかの園の組体操や体育発表をする為、子供達の様子や疲れは凄く感じます。

また園の先生達の協力あっての運動会だと毎年思います。毎年卒園していく園児に少しでも思い出になる様にと毎年運動会内容を真剣に考え、園の先生と何度も話し合い、作りあげます。

その中でこの時期はなるべく楽しく、その中でも意味のあるレッスンを考えストレスが溜らない様にレッスンします。

今回は玉入れです。運動会の定番です。

やはり盛り上がります。

協調性や、危険回避、ボールの投げ方、投げ方の強弱、判断力と色々な事を学べるゲームですが、子供達はそこまでは考えずやっています。でも知らない内に色々な物が身につき、いつの間にか色々な事が出来る様になってると言うのが目的です。

また楽しみながら、「いつの間にか出来ちゃってる」を目指します。

 

 

運動会 オリジナル組体操

昨日は正課体育指導契約を行なっている園の運動会でした。

アドバンススポーツクラブでは毎年 テーマを変えて行う オリジナルの創作組体操を行なっており、今年は「ONE PEACE  心をひとつに」 というテーマで子供達が組体操の発表を行いました。

今 苦しい状況の中でも1人1人が立ち上がり 心を1つにして 平和に向かっていく様子を体で表現し、一生懸命 頑張る姿に 会場全体が 声援、拍手、感動に包まれていました。

時には失敗し悔しくて涙を流しながらも 歯を食いしばってクラスの全員で作り上げた組体操は子供たちにとって 一生の思い出になったことと思います。

みんな とても良く頑張りました!

 

 

ワクワク

👇動画が観れます

IMG_1352

今回は新富会場の小学生コーチの様子を紹介致します。現在、小学生コースは15名程生徒がおり、日曜日がレッスンと言う事もあり、佐土原・住吉〜北は高鍋と広範囲の児童が参加してくれています。

また、他会場と違う点と言えば、ボルタリングが常設されていたり、大型トランポリンがあったり凄くワクワク感が満載の会場となっております。また機会があれば振替等で利用して頂けたら幸いです。

今回は以前紹介しました、エアトラック(トランポリンみたいなマット)と平均台、ビーズクッションを組み合わせてレッスンを行いました。小学生になると普通に平均台を渡ってもあまり効果を得ることが出来ないため、平均台の上で発育発達の動き(赤ちゃんが産まれてから立つまでの過程)等を行ったり、エアトラックをベースに平均台を置き、更に平均台の下にビーズクッションを置き凄く不安定な上で色々な動きを行ったりしました。何時もなら簡単に渡れる平均台がみんな四苦八苦しながら渡っていました。

一つ言えるのは、児童は少し危ないくらいがワクワクし、緊張感を持って積極的に参加してくれます。勿論、安全性を充分に考え、これからも児童がワクワクする様な内容を考えて行きます。