スクーターボード&ボディイメージ

IMG_3217      動画が観れます。

今回は前回紹介しました、スクーターボードとボディイメージを組み合わせたレッスンを行いました。

更に2人組で行う事で協調性もうまれます。

他児に自分の身を預けスピーディーに動きながら身を守る。

恐怖心はあるけどその先に「楽しい」に変わります。

勿論、怪我をしない事が前提ですが楽しみながらも、意味のあるレッスンを今後も行いたいと思います。

跡江公民館会場

今回はスクーターボードを使ったレッスンをご紹介します。

子供たちに大人気のスクーターボードでは様々なやり方があり、その中で今回は「1人手押し車」を行いました。

進む時には、下半身が横にブレないように・背中を反らさずにお尻を上げるなどを意識しながら行う事で、インナーマッスルが強化され、又、体を手で支える感覚は跳び箱や側転などにも繋がっていきます。

動画↓

IMG_6828

ボディイメージ

IMG_3127 動画が観れます。

私達は普段、人ごみの中をぶつからずに歩いたり、スマホを見ながら階段を登ったり、手を伸ばせば物が取れる距離だったりと確認しなくても無意識に色々な行動が取れたりします。

これは、自分の身体がどんな動きができるのか、大きさがどれくらいか等、身体の輪郭や大きさというボディイメージがあるから出来るのだと思います。

幼少期にボディイメージを育む為には、高いところに登ってみたり、狭いところに入ってみたりと様々な環境に挑戦する事で得る事が出来ます。

例えば動画にある椅子の隙間を潜って行く動作も

「本当に私の体通るのかな?」

「どれくらい頭を下げればいいのかな?」

「前に進む為にはどうやって体を動かそうかな?」

とボディイメージをする事で育って行く物だと思います。

そこには「楽しそうだな」「やってみたいな」と思う遊びの中で、好奇心を持ちさまざまな環境に身体を使って挑戦することが大切だと思います。

#宮崎 #体操教室 #スポーツ教室 #体育教室 #キッズ #運動 #体幹トレーニング #キッズコアコンディショニング #宮崎市 #逆上がり #跳び箱 #マット運動 #ボール遊び #幼児体育 #幼児体操教室 #小学生体操#ビジョントレーニング #幼稚園#ボディイメージ