モルック

IMG_2698👈動画が観れます。

モルックとはフィンランド(ヨーロッパ)発祥のアウトドアスポーツです。

ルールは木の棒(モルック)をスキットル(112の数字が書いてある棒)を投げて倒した棒の得点を50点ピッタリにした方が勝利というゲームで正確なコントロールだけではなく、戦略や計算力も求められるスポーツです。

スポーツをするにあたって、体を動かすだけでは無く、色々な状況が変わる中、個人で、またチームで戦略を練ると言う意味も込めて行いました。

以前は紙に点数を書きながら、50点を目指していましたが、今回は暗算で計算をする様にハードルを上げました。

すると「今何点?」「じゃ、次は何番を狙おうか!」と言う意見が飛び交っていました。

新富会場

本日の新富会場では平均台渡りを行いました。平均台渡りでは歩行が基本ですが、アドバンススポーツクラブでは様々な渡り方を行います。

今回行った渡り方は「そんきょ歩き」といい、力士や剣道を行う際にする姿勢で移動を行いました。

最近では和式トイレが減り、そんきょ・しゃがむといった姿勢が取れない子供が増えてきています。その姿勢が取れないということは、足首の柔軟性が低く、転倒や捻挫などの怪我にもつながります。

又、そんきょやしゃがむ動きを行うことにより、下半身だけでなく骨盤や背中のインナーマッスルを動かし、体全体のバランスを整える目的もあります。

今回は2人組で息を合わせながら様々な渡り方にチャレンジをしました!

動画↓

IMG_5471

サッカー

現在、3歳から12歳までの児童を指導していますが先ずはしっかりとした体作りを行いながら、いずれは自分の好きなスポーツ・やって見たいをスポーツを見つけ『その道』に進んで貰えたら、指導者としては幸せです。

今回はサッカーをやって見ました。

サッカーと言ってもボールをゴールに入れるのでは無く、周りを見ながらボールをキープする、隙を見て相手のボールをマーカーの外に蹴り出す。

簡単そうに見えますが、周りの状況判断・ボールを足で操る・駆け引き等色々な要素があります。

今回はサッカーの基礎をやって見ましたが、将来サッカーをやって見たいと思った児童が一人でもいたら嬉しいです。

また色々なスポーツに触れて「やって見たい」と思うスポーツが見つかれば幸いです。

跡江公民館会場

今回は跡江公民館会場のレッスンの様子をご紹介します。

今回行った風船リフティングは、スポンジ棒を使って行い、時間内に何回リフティングできるかというシンプルなルールで競争をしました。

リフティングを行う狙いとして、風船の動きと周りのお友達との距離を両方見ながら体を動かす空間認知能力が身につき、球技などのスポーツではフィールドにいる他の選手の動きを把握しながら、ボールの速度や軌道に合わせて行動するので、様々なスポーツに必要な能力の向上に繋がります。

ただ遊んでいるだけのように見えますが、その中には沢山の効果があり、楽しい・負けたくないとうい気持ちが子供達の向上心につながっていきます!

動画↓

IMG_5195