畳登り

今回は運動会や体育教室でも人気のある畳登りを紹介したいと思います。

畳登りとは傾斜のついた台の上に畳を置き、自分達よりも大きい壁をよじ登り、登り切った後に滑り台の様に降りて行く道具であります。

勿論、簡単には登れる訳ではなく、しっかりと足の指の力や腕力、体の使い方全てが出来ないと登れなく、普段から足の指を上手に使えてない児童などは苦戦します。

その反面、簡単に登れる児童もいるので、畳登り台の角度を変える事によりレベルを上げる事も出来ます。

前回、スタッフと一緒に平均台を作成しましたが、今回は新たに2台分の畳登り台を作成しました。

今までは一台しか畳登り台が無く、中々順番が回って来ない事もありましたが今後はあまり待たずに畳登りが出来そうで子供達の笑顔を見る場面が増えそうです。

また運動会でも発表する園もありますので楽しみにしていてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です