緑松体育館会場

今回は「ゴム紐」 を使用してレッスンを行いました。

毎回のレッスンの中で 発育発達の動き(赤ちゃんが生まれてから立つまでの段階) をやり方を変えながら行なっています。 ただ その動きをマットの上で行うこともありますが 今回のゴム紐を使用することにより 意識的に当たらないよう気をつけながら行うことができます。

高這いの動きでは 手と足が当たらないように進んで行きますが 足は視野に入らないので感覚で 前に手をついた場所とゴムの位置を確認しながら進んでいくことにより ボディイメージ(身体意識) を高めることができます。

 

鬼ごっこ

FullSizeRender←鬼ごっこの様子が観れます。

 

鬼ごっこと言えば色々な鬼ごっこがあります。

①氷鬼ごっこ                  ②しっぽ取り鬼ごっこ             ③バナナ鬼ごっこ??(オリジナル?)

などなど沢山ありますが、今回やったのはスクーターボード鬼ごっこです。

スクーターボードとは台座の下にキャスター(車輪)の付いている道具で主に楽しみながら体幹が鍛えられる道具となっています。

ルールとしてただの鬼ごっこでは無く、スクーターボードを使い、サーフィンで行うパドリングの姿勢で行う事で体幹を使う事と、狭い空間で周りを見ながら行う事で危険回避能力も養う事で出来ます。

昭和町公民館教室

登る→ IMG_5022

ジャンプ→ IMG_5018

今回は「エアトラック」という新しい道具を使ってレッスンを行いました。

普通のマットとは違い、トランポリンのように反発力がある為 高くジャンプすることができます。

ジャンプだけでなく 今回は 走る・転がる・登る など様々な動きを行い 特に、登る動きは 手や足の指先など体全体を使い 失敗しながらも諦めずに取り組んでいました。

子供達は ジャンプ=楽しい! という気持ちにもなり 新しい感覚にとても楽しんでいました。