今年最後

 

FullSizeRender

👆動画が観れます。

先週のレッスンにて今年の全レッスンを無事終了する事が出来ました。

最後の週はスクーターボードを使いレッスンを行いました。子供達に一番人気のある道具で、楽しみながら体幹を鍛える事が出来る優れものです。今回は少し形を変えて行い、平均台の下をくぐりながら進むと言う、目的としては自分のボディイメージを分かって貰う事が目的です、

平均台も高さを変えて行い、ボディイメージがわからない児童は頭をぶつけながらくぐる子も多数いました。

最後までみんな楽しみながらレッスンを行っていました。今年も子供達の色々な顔を見る事が出来ました。また年が明ければみんな一学年進級しますが、自信を持って色々な事が出来る様、来年も指導して行きます。

今年も色々とありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎えください。

クリーン池田台会場 小学生コース

 

今回はクリーン池田台会場 小学生コースの様子をご紹介します。

以前もご紹介した ビジョントレーニング(眼球運動)をさらにレベルを上げ今回 行いました。

ビジョントレーニングの狙いとしては、

①目で物を追う②見た情報を脳に送る        ③脳からの指令で体が動く この流れを早くすることにより ボールなど動く物を正確に捉えることができるようになります。

この能力を高める為に 今回行ったのは 二人組で、1人がマーカーを投げ そのマーカーの穴をよく見て 棒で穴に通すキャッチボールを交代で行いました。 実際に行ってみると難しく 15人中 4人程しか成功しませんでしたが できるか できないかギリギリの難易度で行うことにより 子供達も楽しく 集中して取り組んでいました!

ミーティング→アウトプット

73F5D2E5-9C23-43BA-B6C1-52477CDAD095 

👆タッチしてみて下さい、動画が見れます。

 

弊社は月に一度スタッフが集まりレッスンミーティングを行います。様々な資格を持ったスタッフが色々な知恵を絞り、作り上げていきます。今回は2チームに分かれ決められた道具を使い2つのレッスンを行いました。対象児童は3歳〜12歳までいるので内容は複雑にせずに、ただ負荷はきちんとある様に考えました。

そして実際スタッフ同士でシュミレーション。そしてその日に考えたレッスンはその日に行う!と言う事で午後のレッスンで早速やってみました。

勿論、実績がないので児童も少し戸惑いながらも、やっているうちに楽しみながら、又きちんと負荷のある内容になって行きます。

今回は3人組を組み、1人が発育発達の姿勢(腹這い・四つ這い・高這い)で姿勢保持し残りの2人が体の上にマーカーを落ちない様に置いて行くと言う単純ですがマーカーを取りに行く子は30秒走りぱなし、また姿勢保持の子も30秒キープするのが辛そうでした。

この様にしてadvanceスポーツクラブ・スポーツパークBasisのレッスン項目が増えて行きます。

今後も子供たちが喜び、楽しみながら、そしてちゃんと負荷のあるレッスンを考えて行きたいと思います。

クリーン池田台公民館会場

クリーン池田台公民館会場 小学生コースの様子をご紹介します。

今回はスクーターボードを行いました。このスクーターボードは発育発達の動きの中の高這いや腹這いなど 様々な動きを取り入れながら行える器具で 子供達にとても人気があります。本来 1人で他児と競争しながら行いますが 今回は2人組で協力しながら 個人ではなくチームとして競争を行いました。 2人組みで行うことにより ゴールまで早くたどり着くためにはどうすればいいか話し合いながら行うので 協調性(お互いに助け合い 同じ目標に向かって協力し合う力)を身につけることができます。

このように、日々のレッスンの中で 身体の育成だけでなく 心身共に育成できるプログラムを組み立てています。

反復横跳び

BCBC21F7-FF43-4624-99ED-5D81E2EC1CA7

↑動画が観れますタッチしてみて下さい。

 

今回は反復横跳びを行いました。

学校でも敏捷性のテストとしてよく行なわれる反復横跳び。うまく出来ない子の中には体幹のバランスが悪いために動きがおそくなってしまう子が多い様です。

反復横跳びの動きはサッカー・バスケット・テニス・卓球等色々なスポーツで必ず使う動きであります。

その中で敏捷性と言う言葉が出てきますが、敏捷性とは「重心移動を素速く行う動きであり、またいつでも止まれる体勢で動く事が出来る動作であり上手に静止できなければスピードのある動きもできません。「敏捷性=止まる力」と言われています。

サッカーやバスケットボールでも激しく動き回っている中で突発的に静止→反転ターン、という場面は何度も出てくると思います。

反復横跳びのコツとして。

  1. 左右への重心移動をかけずに
  2. 体幹をできるだけその場で動かさず
  3. 脚だけを振り子のように左右に動かす

毎回体幹を意識してレッスンを行っていますが、反復横跳び等をする事により、子供達の現状が見れるので面白いですよ。

これからも楽しみながらレッスンを行い、色々な形で結果として出てくれば幸いです。