今年度 最終レッスン

3月28日で全会場のレッスンが終了しました。今回は10名の6年生がアドバンスを卒業し、その中には幼児コースの頃から約8年間 続けてくれた生徒もいました。各会場 それぞれの色があり 一人一人 楽しかった事、悔しい気持ち、助け合った時など 毎回のレッスンで 運動面での技術的な事ではなく、気持ちの面でも とても成長したと感じています。特に、卒業した生徒は 中学校生活の中でも この経験を少しでも活かしていければ嬉しく思います。 いつか、大きくなり 様々な舞台で活躍してくれる事を期待しています。
新年度 最初のレッスンは4月8日 月曜日の跡江公民館教室からスタートします。
また、来年度も 子供達が沢山 成長を感じ 自信をもてるよう 指導して参りますのでよろしくお願い致します。
今年度も ありがとうございました!

青島会場

「石けり」

皆さん、石けりってやった事ありますか?
私達はまだゲームなど無い頃、良く外で野球をやったり、ビー玉で遊んだりしたものです。

その遊びの1つとして石けりがありました。
地域でルールなどが違うみたいなんですが、今回は簡単なルールで石けりを行いました。

①スタート地点からゴール地点まで石を蹴っていく。

②ケンケンをしながら、ケンケンをしている方の足(軸足)で
石を蹴る

③ライン(線)から石が出たらスタート地点からやり直し。

これだけです。
なので幼児も簡単に出来ます。

ただ石けりを始める前に5分くらい走ってから行うので、石けりを始めて2〜3分でみんなの悲鳴が聞こえてきます。
しかも蹴る力を調整しないと線から出てしまい、またスタート地点からと…力の強弱も気にしながら、倒れない様に身体を支えることにより体幹が付くと言う、凄く効率のいい内容です。

「きつーい」と言いながらもみんな10分ぐらい平気でやります。
ただ10分、ずっとケンケンだけをしなさいと言ったら誰もやってくれないと思います。
この様に遊びの中に体幹トレーニングを入れると効果的です。

私達の幼少時代の遊びだったのですが、今改めてやると凄くきつく、ただそうやって誰からも教わる事も無く、自然に体を作っていた事に気づかされます。

今後も楽しみながら効果的なレッスンを行って行きたいと思います。また今年度のレッスンも残り少なくなり、お別れの多い時期にはなりますが、自信をもって次のステージに行ける様、送り出したいと思います。

あおぞら会場小学生コース

今回はあおぞら会場小学生コースでの、リズムトレーニングの様子です。昨年の10月下旬から取り入れているリズムトレーニングをご紹介致します。
“リズムを変えるとすべてが変わる”のキャッチコピーの元、リズムの感度を上げる事で、色々なパフォーマンスが可能になり、動きの中で筋肉の収縮と弛緩のタイミングを学習することで、筋力の強弱をスムーズに行える様になります。音楽とジャンプが与える心理学的効果や脳に与える効果などがあります。各現場の子供達も初めての実践に比べ、現在は上達した動きで行える様になりました。音楽も色んな曲を使い楽しんで行える様、指導を行っております。真剣に取り組む様子を是非動画でご覧下さい。
A78480C5-33B1-4A82-AD8C-2B71C00A4C3B

あおぞら幼稚園教室 小学生コース

今回は跳び箱の様子をご紹介します。小学生コースでは、4段〜9段までの跳び箱に それぞれのレベルに合わせ 目標の段数を決めて取り組んでいます。跳び箱が高くなればなるほど 恐怖心が出てきて なかなか跳べない子や、お尻がついてしまう子が多くいます。ですので、まずは自分が跳べる自信のある段数でスモールステップを行います。小学生1年生の小さな子でも 自分の身長と同じくらいの高さの跳び箱を跳べる子がいます。なぜ、そんなに高い跳び箱が跳べるかというと、まず1つは手でしっかりと跳び箱を押し込めているということです。この感覚を身につけさせるために 助走はせず、踏み込みをするクッションを少し離し、その場で跳び箱を押し込み お尻がつかないようにマットに着地する練習を行います。これをすることにより 手の力で押し込むことにより 体が前に移動する感覚を覚えていきます。もう1つは前傾姿勢です。

↑体がまっすぐになってしまいお尻がついてしまいます


↑前傾姿勢によりお尻が上がって スムーズに着地することができます

このように姿勢を意識させることにより お尻がついてしまっていた子も 跳べるようになってきます。


各会場の子供たちの中には 9段の跳び箱に成功する子もいました!
体育の授業でも自信を持って取り組んでもらいたいです。

青島会場 幼児コース


青島会場です。
海に面した最高の会場です。

今回は一年を通して子供達がJPクッションの上をどれくらい脚力がついて走れる様になったか見てみました。

JPクッションとは、よく跳び箱等で使うクッションの事です。

上手に使えば反発力をいかして走り抜く事が出来ますが、脚力がないと、クッションが力を吸収し中々上手に走る事が出来ません。

写真では分かりづらいですが、徐々に幅が広くなっており、最初から勢いをつけないと最後のクッションまで走れない様になっています。

青島会場の生徒は砂浜で走っている事もあり今回、みんな上手に走りきる事が出来ました。またこの一年で色々な事が出来、自信がついたと思います。

今年度のレッスンも残りわずかとなりましたが、みんなが自信を持って進級出来る様、レッスンを行って行きたいと思います。