あおぞら幼稚園教室

あおぞら小学生コースでのレッスンの様子です。
マラソン大会も終わり、長縄跳び、短縄跳びに向けての体力作りを推進しています。初めに、スモールステップとして、縄による恐怖心をなくすため、その場でリズムに合わせた練習や、タイミングを掴む練習として、縄の真ん中に入る様、目印を置いたり、うまく跳べない子には、縄をゆっくりと回したり、半回しを行うなど、工夫しながら行い目標回数を決めて実施するなどを行っています。
さまざまな跳躍力アップや、リズム感のあるトレーニングを取り入れながら取り組んでいます。まずは子供達のチームワークを高める為に集団活動での、全体の達成感を味わう為にも、跳べない子には、様々な工夫をし、跳べる子には、高速でジャンプを行うなどし、目標回数を達成し、なわとびなどの、体育の授業では輝く結果である事を期待しております。また、お子さんと一緒にお庭や公園などで、練習した成果を見てもらってみてはいかがでしょうか?
肌寒い季節ですが、子供達の
喜ぶ表情も楽しみに自分自身も子供達と一緒に頑張りたいと思います。

クリーン池田台会場

こんかいは、アドバンススポーツクラブでレッスンの初めにルーティンとして行なっている発育発達の動きを使った体幹トレーニングを行いました。

↑四つ這いの形で手と足を伸ばし お腹に力を入れながらバランスを取っています

↑高這いの形で四つ這いと同様に手と足を浮かせ、バランスをとりますが 四つ這いよりも地面についている部分が足と手だけになるのでさらに体感を使ってバランスを取ろうとします

↑蹲踞でバランスを取ります。最近の子供達は和式トイレを使用することが少なくなっており、足首が弱く 怪我につながります。この、蹲踞をすることにより 足首を強化し、怪我をしにくい体を作ります。

↑手押し車での体幹トレーニングです。2人組になり、手と足を浮かせ 体が左右にぶれないようにバランスを取ります。初めは転倒する子が多く 何度もチャレンジしていましたが 行なっていくうちに、力の入れ方を覚え ほとんどの子が左右 10秒転倒せずにバランスを取ることができました

跳び箱

今週は跳び箱にチャレンジしました。

幼児コースも小学生コースもしっかりと基本となる部分を指導し段々と高い跳び箱が跳べる様になります。

現在、幼児では6段、小学生では9段を跳べる子がいます。

今回は跳べる子を、違った形で跳び箱を跳ばせてあげようと思い、助走をつけてトランポリンを使い跳んでみました。

最初は要領が分からず、思いっきり助走する為、勢いがつき過ぎ上手に跳べていませんでしたが、少しコツを教えるとすぐ出来る様になりました。

改めて子供達の順応性の高さに感心しました。

中々トランポリンを使って跳び箱を跳んだりする事はないと思います。今後スポーツする中で複雑な動きにも対応出来る様 、色々な体験をさせてあげたいと思います。

 

跡江会場 小学生コース

跡江会場小学生コースでのレッスンの様子です。
マラソン大会も終わり、楽しいレッスンを目指していく為にも、今回は「2人組体操」の様子の写真です。まずは、勝ち負けをジャンケンで決めてゲーム感覚で行う、全身運動です。股潜りや馬跳び、手押し車などを行い、写真では馬跳びでの1枚です。跳ぶことが難しい子には、うつ伏せにし、跳ぶ台を低くしたりなど高さを調整しながら行います。今年も残りあと少し、マラソン大会の疲れを癒して、楽しいレッスンをしながら子供達と一緒に笑顔を増やして頑張って行きます。

昭和町公民館教室

今回は 昭和町公民館教室 小学生コースの様子です。 いつも子供達は沢山体を動かし 運動を行っていますが、今回は目の運動を行いました。  ビジョントレーニングといい、以前 ビジョンスティックや指を使った トレーニングを紹介しましたが、今回はマーカーの中にピンポン玉を入れるトレーニングを行いました。マーカーの穴を真上から覗き、手に持っているピンポン玉を 利き目で穴の焦点に合わせ、しっかり狙って入れます。 バスケットボールなど ゴールとの距離や方向をしっかり目で捉えることが出来ないと 上手くゴールできません。 簡単そうに見えますが 意外と難しく 子供達も集中して じっくり狙いながら行っていました!  ご家庭でもペットボトルの中に狙って割り箸を入れることも 代用になりますので是非チャレンジしてみてください!