運動会(組体操)

運動会シーズン 真っ盛りのこの時期。昨日 土曜日と日曜日にかけて、契約している4園の運動会が行われました。 年少組、年中組と体育遊びの発表などがありましたが 1番の見どころはなんといっても 年長組による組体操です。 毎年 テーマを変え行う組体操、今年のテーマは「令和元年」これまでの戦国時代から令和時代までのそれぞれの時代の出来事を一生懸命 体で子供達が表現してくれました。この組体操を通して 1つのことをみんなで作り上げる難しさや、達成感を経験し一生 子供達や保護者、先生方の心に残る組体操になったと感じています。

青島会場

小学生は運動会も終わり、疲れからか体調を崩している子がいます。ずっと気を張ってきたと思うので気持ちも分かります。

幼稚園・保育園は大体10月に運動会があるのでこれからですね。
弊社としても運動会が残っていますので、私達も体調を崩さないように頑張って行きたいと思います。

運動会が終わったら小学生は陸上大会、幼児は発表会やマラソン大会など、先生達も大変と思いますが一生の思い出になると思いますので頑張って貰いたいです。

今回は青島会場の様子です。
平均台の上に足を置き、最初は手押し車の要領で横にすすんでいきます。まだこれくらいだとみんな「余裕〜」と言う声が聞けてましたが、手元をビーズクッションに変えた瞬間、みんな喋る余裕も無くこなしていました。
平均台もビーズクッションも色々な使い方次第で子供達も新鮮な気持ちで楽しみながらレッスンを行います。

緑松体育館教室

今回は緑松体育館教室 小学生コースの様子をご紹介します。
運動会シーズンになり 子供達も 運動会に向けて学校の授業など 一生懸命頑張っています。 特に 走る という部分では 1番になりたい、昨年よりも早い順位になりたいと思っている子が沢山います。
その中で今回は 徒競走とリレーの練習を行いました。
早く走る為には、腕を振る 走る先の目線 など さまざまな方法がありますが 1番は 気持ち(メンタル)の部分が重要になります。 特にリレーでは どのようにすれば 勝てるか 順番やバトンパスなどをそれぞれ 作戦を立て 個人ではなく チームのために一丸となって 取り組む姿勢が今回 多くみられました。 実際に 一回戦では負けていたチームが 作戦を立てることにより 2試合目勝つ という結果になり 個人の考えよりも チームワーク がとても大事ということを 子供達も感じたこととおもいます。
まだ 運動会が 終わってない 生徒がいるので、今回の 結果がとても楽しみです。

運動会シーズン

いよいよ運動会シーズンとなりました。
今回、アドバンススポーツクラブとしては8ヵ所の保育園、幼稚園で運動会に向けての指導を行っています。

先週土曜日に最初の運動会がありました。
子供達は沢山練習し、本番でも素晴らしい演技を行い感動の組体操でした。

10月末まで運動会が続きますが、怪我がない様に、またスタッフも体調を崩さない様に指導して行きたいと思います。

新富会場 小学生コース

今回は 新富会場 小学生コースの様子をご紹介します。飛び込み前転を行いました。 「飛び込み前転をするよ!」と子供達に伝えると 不安そうな顔をする子が多くいます。ですが、段階を踏んで 少しずつレベルを上げることにより チャレンジしようとする意識が出て 成功に繋がります。 まずは、飛び込み前転で大事な踏み込みのジャンプと前転を繰り返し練習します。
その後、ハードルなどの障害物を置き それを少しづつ高くすると 意識的に飛び越えようとし、綺麗な飛び込み前転を行うことができます。
新富会場の生徒は 上達が早く 最終的には フープの中を自分で高さを決め 飛び込み前転を行うことができました。
低学年、高学年がいる中 それぞれが 仲間の成長を見てお互いに刺激をもらいながら 日々 頑張っています!

青島会場 幼児コース

夏休みも終わり、いつもの生活に戻った児童も多いと思います。
児童の中には「夏休み最後の日が体育教室かぁ〜でも今までダラダラしてたから普通のリズムに戻す為にも良かったかも…」と何とも複雑なコメントを頂きました。

9月・10月はほとんどの幼稚園・保育園・小学校で運動会があると思います、みんなが少しでも活躍出来る様、指導して行きたいと思います。

今回は青島の幼児コースの様子を紹介したいと思います。
今年度より渚の交番会場から浄化センター(公民館)に会場が変更になりましたが、夏休み最後という事もあり、久しぶりに青島の探検(体幹トレーニング)を行い、不整地を歩いたり、天然ボルダリングを登ったりしました。

自然を前にすると大声をあげたり(インナーマッスル強化)鬼の洗濯岩にまたがってカニ取り(パワーポジションの姿勢)など道具を使わずに体幹が鍛えられ、子供達の顔もイキイキとした表情をしています。

また定期的に青島でのレッスンを行いたいと思います。

新富会場 小学生コース


今回は新富会場 小学生コースの様子です。
ボルダリングを行いました。 他の会場では体験できない ボルダリングやトランポリンが 新富会場には設備されています。ボルダリングでは ただ登るだけではなく 様々な動きを行いました。まず、ボルダリングに掴まり手や足を外してバランスを取り10秒キープや、最終的には 誰が1番長く掴まることができるか 競争を行いました。
そして次にボルダリングの端から端まで横に渡り 手と足を置く位置を確認しながら落ちないように渡ります。 体全身の力を使い又、頭を使いながら行うボルダリング。キツイトレーニングですが 目標があることにより 一生懸命 楽しそうに取り組んでいます!

コバトレ

今まで色々な講習・研修を受講してきました。

コアキッズコンディショニング(発育発達の動き)、コアキッズ体操(発育発達の動きを使った体操)、ビジョントレーニング(眼球運動)、リズムトレーニング(リズム感を高め運動能力を向上させる)、コバトレ(体幹トレーニング)等など。

その中で今回はコバトレを行いました。

コバトレとは「体幹」「体軸」である身体の中心部分のインナーマッスルや全身の筋肉や神経を鍛え「バランス感覚」も強化する体幹トレーニングであり、水泳では池江瑠花子選手、サッカーでは長友佑都選手や久保建英選手の専属トレーナーである、木場克己トレーナーが指導しているトレーニングです。

コバトレの一つ、片足立ちを色々な形で行いました。

1列目 床の上
2列目 JPクッションの上
3列目 床の上
4列目 ビーズクッションの上

説明中に「先生簡単そう〜」と言う声が聞かれましたが、いざと始めると「難しい〜」「ちょーキツイ」と言う声しか聞く事しか出来ませんでした。
バランスはどの競技でも必要ですので今後も続けて行きたいと思います。

昭和町公民館会場 小学生コース

今回は昭和町公民館会場 小学生コースの様子をご紹介します。
アドバンススポーツクラブでは 毎回 発育発達の動きを行なっていますが、その中の座位 の動きを行いました。 バランスボールを使い チームで 円形になり 座位の姿勢を保持しながら バランスボールを頭の上で回していきます。 一見 簡単そうに見えますが 体全体の力をうまく使わないと ボールが下に落ちてしまいます。
座位の動きを行うことにより、骨盤が安定し 体幹をまっすぐ保持できるようになり 運動面だけではなく 学習時の正しい姿勢保持にも繋がります。
各チーム バランスボールを他のチームよりも正確に早く回せるように 話し合いながら 行なっていました。

山あり谷あり

青島の様子を紹介致します。

今回は弊社オリジナルのビーズクッションを使い発育発達の動きを行いました。ビーズクッションは砂浜を歩いている様な感じ・効果を得ることが出来ます。保護者から「最初はよく何にも無いところで転けていたのが最近は大分転けなくなった」と言う声を聞きます。

子供達は遊んでいる様な感じでレッスンを行っていますがこの様な声を聞くとしっかり結果もついて来てると確信する事が出来ます。

その中で、今回はビーズクッションや跳び箱を使い不整地を歩きながら、跳び箱をよじ登りまさに山あり谷ありの状況を楽しんでいました。約10分位たって私が終了の合図を掛けると「まだやりたかった」…と。

まだやりたかったと言う位が丁度いいかなと思いながら、終了しました。また子供達が楽しみながらも効果のあるレッスンを行って行きたいと思います。