湘桜台会場

毎日暑い日が続きますね。

最近では、子供達の様子を見て休憩を増やし体調管理にも気を付けながレッスンを行っています。

今回、スクーターボードを行い、何時もとは違う使い方をして、楽しみながら体幹トレーニングを行いました。

名前は「シャクトリムシ」

手と足にスクーターボードを持って、体幹を使いながら進む!

手に気を使うと、足のスクーターボードが動き出し、上手に手と足を使わないと前に進まないと言う、単純なんですが中々前に進まず、みんなイライラしながら意地になってやっていました。

私もやりましたが、次の日下っ腹がかなり筋肉痛になりました。

私も効果を感じながらレッスンを行う事が出来ました。

また一緒に子供と楽しみながら、色々な事が出来る様に指導して行きたいと思います。

湘桜台 小学生コース

2B110F14-C623-4A31-BA2C-C10C95C3368B

毎日暑い日が続きますね。

最近では、子供達の様子を見て休憩を増やし体調管理にも気を付けながレッスンを行っています。

今回、スクーターボードを行い、何時もとは違う使い方をして、楽しみながら体幹トレーニングを行いました。

名前は「シャクトリムシ」

手と足にスクーターボードを持って、体幹を使いながら進む!

手に気を使うと、足のスクーターボードが動き出し、上手に手と足を使わないと前に進まないと言う、単純なんですが中々前に進まず、みんなイライラしながら意地になってやっていました。

私もやりましたが、次の日下っ腹がかなり筋肉痛になりました。

私も効果を感じながらレッスンを行う事が出来ました。

また一緒に子供と楽しみながら、色々な事が出来る様に指導して行きたいと思います。

 

 

あおぞら幼稚園教室 幼児コース

 

あおぞら幼稚園教室 幼児コースの様子です。

今回は鉄棒を行いました。小学生になるまでには逆上がりが全員できるように目標を立て一生懸命練習をしています。 逆上がりで大事なことは 膝を曲げて自分の体を支える為の腕の力、足を上に上げる為のお腹の力か必要なので、スモールステップとして膝を曲げてのぶら下がり(カマキリ)という練習法を10秒キープできるまで行います。できるようになれば、補助を入れながら正しいフォームで繰り返し練習します。  現在、あおぞら幼稚園教室の幼児コースの8割は逆上がりができるようになりました!  暑い日が続く中 子供達は毎週 たくさん汗をかきながらがんばっています。

アジリティトレーニング

あおぞら会場小学生コースでのレッスンの様子です。
今回は、アジリティを行いました。走る動きの要素の中に、サイドステップやバックステップを取り入れることにより、危険回避や俊敏性を高めるトレーニングです。競争の意識を高めることで、効果が上がります。
今回は、あの子には負けたくないと思い一生懸命に取り組んでいる子どもたちの様子です。
運動量も高いので、終わった後には水分補給をとらせています。暑い日が続く中、気持ちいい汗をかきながらの笑顔がとても印象的でした。元気いっぱいの子どもたちの成長が楽しみです。

緑松体育館会場(小学生コース)

緑松体育館教室(小学生コース)の様子です。

今回はマーカーを使ったメニューです。 マーカーを左右に置き、学校の体力測定の項目にある、反復横跳びの動きを マーカータッチをして行いました。タッチする回数は20回で 他のお友達と競い合います。 反復横跳びは 低い姿勢を保持することがとても大事で、この動きのスピードを高めることにより、様々なスポーツに適応できるようになります。

夏の暑さに負けず、毎週 一生懸命 子供達は頑張っています!

湘桜台教室の小学生コースの様子

湘桜台教室の様子です。
今回はツイスターゲームを行いました。

ツイスターゲームとは4色の色の上に両手両足を置きながら、倒れないように行って行くゲームです。

通常は色々な条件の書いたルーレットボードに沿って行っていくのですが、少し簡単過ぎるので、アドバンススポーツクラブでは、先生が状況を見て指示を出すので、かなり無理な体勢でキープしたりと楽しみながら体幹を鍛える事が出来るアイテムです。

緑松会場 レッスンの様子

緑松公民館会場幼児コースでのレッスンの様子です。
今回は、あいうえ大声を行いました。全員で協力することにより協調性も養われ、10秒間の持続で持続性やお腹に力を入れることにより腹式呼吸も意識させることで、高いレベルの運動にもより効果が現れております。100点を満点とし、ゲーム性を入れる事で自然と楽しんで、腹圧を強化し、満点目指して頑張っております。無事に満点をもらい、子供達も満足した表情でした!

[跡江公民館会場 小学生コース]

跡江公民館会場 小学生コースのレッスンの様子です。
今回は3チームに分かれて 綱引きのチーム戦を行いました。
綱引きで勝利するためには 力だけでは勝つことが出来ません。体の使い方、全員で息を合わせて綱を引く力が必要なので 試合を待っているチームは作戦を立てました。上級生の意見だけではなく、最近では下級生の意見も沢山出ており、運動を通して 自分の意見をみんなに伝えることを少しずつ覚えてきています!

参観日

国富にある太田原保育園参観日の様子です。

正課体育指導契約をさせて頂いてる保育園で講師として体育指導を行って来ました。

今回のテーマは赤ちゃんが生まれから立つまでの様子(発育発達)をみんなで楽しみながらレッスンを行いました。

先ずは色々な姿勢でお腹に力が入っているのを意識しながら大声を出しました。

色々な動きをした後に、年少さんから年長さん全員で丸い円になって座って(座位)手は上のままで大小様々のボールを落とさない様にみんなで回しました。

最後にバランスサーキットを行い、あっという間の30分間でした。

体育発表の後は、代表の藤原による講演会を保護者に向けて約1時間行いました。
アドバンススポーツクラブの活動内容を理解して頂けたと思います。

これからも、子供達の笑顔を沢山見れる様に楽しみながら指導して行きたいと思います。

ラダートレーニング

[クリーン池田台会場]

今回はレッスンの中のアップでラダートレーニングを行いました。

今回はラダートレーニングの中で行なった3つの事を紹介します。

ラダートレーニングを行う際に子供達に気をつけてもらうことは 黄色の横棒を踏まない事です。

それを意識しながらまずは、ダッシュを行いました。効果としては 細かい足の動きをスピードを意識しながら行う事により 俊敏性が身につきます。俊敏性が身につく事により 走り出しのスピードアップや スピードの中で体制を素早く立て直すことができます。

次に行ったのが ケンケンパの動きの中で片足ケンの時に 手を叩きます。 簡単そうに見えますが とても頭を使いながら体を動かすので 素早い判断力を身につけることが出来ます。

最後に行ったのは、両足ジャンプです。 マーカーを3つ置き それを踏まないように腕をしっかり振って両足ジャンプを行います。学校の体力測定で行われる立ち幅跳びと同じ動きですが 着地する目標を明確にしてあげる事により 正しいフォームで より遠くに跳ぼうとする意識を高めます。

この他にも様々なラダートレーニングのメニューがあり 幼児コース、小学生コースと分かれていますが それぞれのレベルに合ったメニューで 子供達は楽しみながら沢山汗をかいていました!

https://advance-sportsclub.com