クリーン池田台会場

 

 

クリーン池田台会場 小学生コースの様子です。

今回はコミュニケーション能力や協調性を身に付けるための競争を行いました。

ルールは チームで1人 ジャンプをして進む人を決めます。その他の子は フープを各自1つ持ち 道を作ってあげます。 コーンをまわって1周し 早くゴールしたチームの勝ちです。 子供達には試合をする前に 練習時間と作戦をたてる時間を設けます。 その中ではコミュニケーションを取りながら少しでも早くゴールする為の方法を考え 各チームによって様々な面白い作戦を立てていました。

このように 短時間でシンプルなゲームですが みんなで協力し 勝つ為の目標に向かって意見を交わし行動に移す ということを経験することは これから成長していく上でとても大事です。

 

 

大人げない。

IMG_0819

👆動画が観れます。

青島会場の様子です。              今年度から渚の交番会場から浄化センターに場所を替えてレッスンを行なっています。青島会場が出来てからレッスンをしていた場所でもある為、凄く思い入れのある場所です。

公民館や体育館でやるより2.3倍負荷の掛かる場所です。今回の内容は先ず砂浜を1kmほど走り、その後私と砂浜ダッシュ対決!「先生に勝ったらすぐサッカーをやってあげる」と自分にもハードルを上げ、最初は同じスタートラインから対決。全く相手にならず。2本目からは少しずつスタートラインを下げても相手にならず。最後は私が後ろ走りで私が負けましたが、結局4〜5本位走りました。

最後は約束通りサッカーを行いました。勿論、砂浜サッカーです。

最後はみんなクタクタでしたが、いい顔をしていました。また機会があれば砂浜レッスンを行いたいと思います。

 

新富会場

 

今回は 新富会場 小学生コースの様子をご紹介します。

本日、三点倒立を行いました。昨年の4月から始まった 新富会場では 初めの頃は三点倒立もしたことが無い生徒がほとんどでした。ですが、コツコツと練習を積み重ねてこの1年でたくさんの生徒が三点倒立に成功することが出来ました。その中には マットの上でも難しい三点倒立を 不安定なトランポリンの上で成功させる生徒もいます。

三点倒立は、手、お腹(体幹)を使いバランスを取る技で 体幹トレーニングとしても効果的であり、様々なスポーツに対応できる体づくりを 達成感を感じながら行うことができます。

大声

IMG_0794

👆動画が観れます

何時もルーティンとして行っているレッスンがあります。

それは、発育発達の動きです。

発育発達の動きとは簡単に言えば、お母さんのお腹から生まれて、一人で立ち上がり歩くまでの過程の動きです。

子供達に「お母さんのお腹から生まれてまず最初に何をすると思う?」と聞くと「赤ちゃんハイハイ」「オッパイを飲む」とか色々な珍回答が出て来ますが、正解は「泣く!」です。

今回は泣くと同じ位の効果のある大声にチャレンジしてもらいました。

ただ楽しみながら大声を出してもらいたいので、今回はあいうえ大声!と言うのを行いました。

あーの時はダンゴムシの姿勢で。            いーの時はヒコウキの姿勢。             うーの時は膝立ち。                  えーの時は蹲踞の姿勢。                おーの時は片足立ちで行いました。

添付してある動画は、いーのヒコウキの姿勢です。大声を出すって結構疲れるんだと言う事を感じてもらいました。

クリーン池田台会場

今回はクリーン池田台会場 小学生コースの様子をご紹介します。

今回行ったのは 呼吸+発育発達の動き です。 スタートラインから 四つ這い、腹這い、高這いなどの発育発達の動きで 小さく切ったスズランテープをフープの中に入れるというとてもシンプルな競争ですが、実際に行ってみるととても難しく 子供達も苦戦します。

呼吸を行う事により コアマッスル(体幹のさらに奥の筋肉)が鍛えられ 運動中や学習時の姿勢や体幹の安定性に繋がります。普段なかなか呼吸を意識することは無いと思いますが、この活動以外にも 風船を膨らませるなど今の子供達の時期に定期的に行っていくことはとても大切です。

次の学年に向け 全員で協力し、時には競い合いながら 日々 楽しく取り組んでくれています!

「空間認識能力」

空間認識能力とは球技等で狙った場所にボールを当てることや、飛んでくるボールを掴むこと、また地図を見て、その地形の構造を把握する能力、これが空間認識能力に当たります。

私達の幼少期は、野山や野原で遊ぶことで空間認識能力は自然に身に付いて行きましたが、現代の子供は野山や野原で遊ぶことは少なくなって来ている為、空間認識能力を高めるには、トレーニングを行う必要があります。

空間認識能力が低い子供は、床の段差につまづいたり、頭をぶつけたり、座ろうとした椅子に上手に座れなかったり、動くボールと自分との立体的な位置関係を考えなければいけない球技に苦手意識を持ちやすくなる可能性があります。

そこで今回は風船を使い、風船を落とさず手で50回突く、足だけで30回、頭だけで20回と色々な部位を使って行いました。

空間認識もですが、力の強弱だったり周りを見ながら行わないとぶつかる為、危険回避能力向上にも繋がって行きます。

子供達にはこんな難しい説明はしませんが、楽しみながら色々な事が身に付いて行ける様、指導していたいと思います。

新富会場 小学生コース

皆さん、明けましておめでとう御座います。本年もどうぞよろしくお願い致します。

早速、新年 最初のレッスンが本日 新富会場にて行われました。今回行ったのは 平均台です。小学生コースなので、幼児コースと違い 難易度を上げて行います。 難易度は平均台に傾斜をつける、渡り方を変える、障害物を置くなど様々なパターンで行いました。 ただ普通に渡らせるだけでは効果も少なく達成感を味わうことができません。なので、あえてできるかできないかギリギリの状況を作ってあげる事により チャレンジしたいという意欲や達成感の向上に繋がっていきます。

今年は1つ上の学年となる子供達、それぞれが目標を持ち 運動面、精神面 様々な部分で成長できるよう 指導していきますのでよろしくお願い致します。

 

今年最後

 

FullSizeRender

👆動画が観れます。

先週のレッスンにて今年の全レッスンを無事終了する事が出来ました。

最後の週はスクーターボードを使いレッスンを行いました。子供達に一番人気のある道具で、楽しみながら体幹を鍛える事が出来る優れものです。今回は少し形を変えて行い、平均台の下をくぐりながら進むと言う、目的としては自分のボディイメージを分かって貰う事が目的です、

平均台も高さを変えて行い、ボディイメージがわからない児童は頭をぶつけながらくぐる子も多数いました。

最後までみんな楽しみながらレッスンを行っていました。今年も子供達の色々な顔を見る事が出来ました。また年が明ければみんな一学年進級しますが、自信を持って色々な事が出来る様、来年も指導して行きます。

今年も色々とありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

皆様、良いお年をお迎えください。

クリーン池田台会場 小学生コース

 

今回はクリーン池田台会場 小学生コースの様子をご紹介します。

以前もご紹介した ビジョントレーニング(眼球運動)をさらにレベルを上げ今回 行いました。

ビジョントレーニングの狙いとしては、

①目で物を追う②見た情報を脳に送る        ③脳からの指令で体が動く この流れを早くすることにより ボールなど動く物を正確に捉えることができるようになります。

この能力を高める為に 今回行ったのは 二人組で、1人がマーカーを投げ そのマーカーの穴をよく見て 棒で穴に通すキャッチボールを交代で行いました。 実際に行ってみると難しく 15人中 4人程しか成功しませんでしたが できるか できないかギリギリの難易度で行うことにより 子供達も楽しく 集中して取り組んでいました!

ミーティング→アウトプット

73F5D2E5-9C23-43BA-B6C1-52477CDAD095 

👆タッチしてみて下さい、動画が見れます。

 

弊社は月に一度スタッフが集まりレッスンミーティングを行います。様々な資格を持ったスタッフが色々な知恵を絞り、作り上げていきます。今回は2チームに分かれ決められた道具を使い2つのレッスンを行いました。対象児童は3歳〜12歳までいるので内容は複雑にせずに、ただ負荷はきちんとある様に考えました。

そして実際スタッフ同士でシュミレーション。そしてその日に考えたレッスンはその日に行う!と言う事で午後のレッスンで早速やってみました。

勿論、実績がないので児童も少し戸惑いながらも、やっているうちに楽しみながら、又きちんと負荷のある内容になって行きます。

今回は3人組を組み、1人が発育発達の姿勢(腹這い・四つ這い・高這い)で姿勢保持し残りの2人が体の上にマーカーを落ちない様に置いて行くと言う単純ですがマーカーを取りに行く子は30秒走りぱなし、また姿勢保持の子も30秒キープするのが辛そうでした。

この様にしてadvanceスポーツクラブ・スポーツパークBasisのレッスン項目が増えて行きます。

今後も子供たちが喜び、楽しみながら、そしてちゃんと負荷のあるレッスンを考えて行きたいと思います。